髪の色とメラニン色素。無意識に減らしてしまう生活習慣

作者:   cho-ken45   |   カテゴリー :   髪の基礎知識

成長とともに髪が細くなる、ボリュームが落ちるなどの悩みが出てきますが、白髪も少しずつ増えてきます。これは加齢することによってメラニン色素を作る色素細胞の能力が衰えることで髪の色が作られなくなり白髪が増えていきます。メラニン色素はチロシンというアミノ酸が原料となっており、チロシナーゼと呼ばれる酵素と反応することで生成されます。チロシンはチーズや大豆などに含まれているほか、メラノサイトを活性化させるビタミンB12と葉酸などの栄養が必要となっていきます。日々の食事や睡眠で白髪は改善していくことはできますが、継続していくのはなかなか難しいのが現状です。
そんなときに手早く白髪を改善することのできるのが白髪染めシャンプーです。
白髪染めシャンプーは、染色力の強いけれど髪や頭皮へのダメージの大きいヘアカラーやダメージは少ないですが色落ちの気になるヘアマニキュアなどと異なり、染色にやや時間がかかりますが髪を痛めずに優しく染めることができます。白髪染めシャンプーはさまざまな商品が販売されており、染まり具合には個人差がありますが、時間をかけて自然に染めあげたい人やほかの染髪方法の補助として使用したい人になどに向いています。
選ぶ場合には費用と効果のバランスを考えてから購入することがおすすめです。

 

白髪になってしまうと黒髪に戻す事は簡単ではありません。放置しているとさらに増えてしまいますので、改善策は考えておきましょう。改善の方法としては、育毛剤や頭皮マッサージなどで血行を促進し、髪に良い成分をしっかり頭皮や毛根に届けることがあげられます。白髪は加齢による衰えが原因としては大きなものがありますが、ストレス、栄養不足、睡眠不足などがあると、若い世代でも白髪を増やしやすくしてしまいますので、こうした部分も改善してみましょう。

4月 17, 2016